気をつけること

新宿の皮膚科でお肌のお悩みを解決させましょう。信頼できるクリニックをお探しの方はこちらがオススメですよ。

予約することなく利用できます。新宿の皮膚科を利用すれば、アトピーや湿疹などの肌トラブルを治療してもらうことができます。

足に発症する水虫には、角質増殖型水虫など4種類あります。その中でも最近増えているのが爪水虫です。爪水虫になると、爪が白く濁ったり分厚くなったりします。かゆみも痛みもありません。他の水虫を併発していることが多いのが特徴です。症状がないので放置されがちです。しかし自然に治ることはありません。白癬菌と呼ばれる菌が爪の中に常にいる状態ですので、併発する他の水虫も治りにくくなります。爪水虫が悪化すると、爪の表面が分厚くデコボコしてしまい、もろくもなります。爪水虫は他人にうつる可能性も高いので、家族にも感染が広がるかもしれません。女性でも感染する人が多い病気ですが、爪水虫があると、ペディキュアなどをする場合にネイルサロンから施術を断られることが多いようです。

爪水虫には市販のスプレーや塗るタイプの外用薬は、効果が出にくいようです。それは白癬菌が爪の内部に潜んでいるため、薬が届きにくいのです。爪水虫を本気で治したいなら、皮膚科を受診しましょう。皮膚科では、まずは爪水虫かどうかの検査をします。爪の中に白癬菌がいるかどうか、顕微鏡で検査します。爪水虫と判断されれば、内服薬を処方されます。飲み薬なら、血流にのって爪に届きます。身体の内側から、じっくりと白癬菌を死滅させることができるのです。しかし治療には時間がかかります。足の爪水虫の場合6か月ほど見ておいてください。徐々にきれいな爪が生えてきます。ただし、爪がきれいになったからと言って、自己判断で薬の服用をやめてはいけません。きれいな状態になったように見えても、まだ白癬菌が潜んでいる可能性があります。再発する人の多くは、途中で治療をやめたことによるものです。定期検査を続けながら、医師の指示に従って服用してください。

その日の内にケアを完了してくれます。東京で巻き爪を治療してもらうならここへ相談。痛みから解放されますよ。

オススメリンク

  • 大源製薬

    誰にもバレずに症状を改善したい。そんなあなたの願いを叶えてくれる水虫の薬がこちら。頼りになるので要チェックですよ。