認識する

思春期に悩まされるものというと、にきびがあります。実はこのニキビは、外国では皮膚科で治療するものという認識が一般的です。近年、日本でも徐々に皮膚科で治療するという考えが浸透しつつあります。皮膚科で治療を行うと、自分で治療するよりも効率良く、確実にニキビを治すことができます。 皮膚科でどのような治療が行われるかというと、患者の症状を診て塗り薬を処方してくれます。塗り薬にはニキビ菌の繁殖を抑えたり、皮膚の炎症をやわらげてくれる効能があります。また、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑えてくれる薬も同時に処方されます。この薬を洗顔後に塗布するだけで、治療効果が得られます。塗り薬は一般のドラッグストアで手に入らないものなので、非常に治療効果が高いです。

皮膚科でもらった薬でニキビ治療をする時には、いくつかの注意点があります。それは、いくら薬を塗ったからといっても、生活習慣が乱れていると治療効果が得られません。なので、毎日の食生活で、お菓子やファーストフードなどの偏った食事はなるべく避けたほうがいいです。このように糖分や脂質を多くとると、皮脂を多く分泌させるのでニキビに良くないです。 その他の生活習慣の注意点は、特に女性は髪の毛がニキビにかからないように注意する必要があります。なかにはニキビを前髪で隠そうとする方がいますが、そのような行為はニキビを刺激して悪化させてしまいます。なので、きちんと髪の毛をまとめて、お肌を清潔に維持したほうが良いです。